Warning: Use of undefined constant is_robot - assumed 'is_robot' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 594

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php:594) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 114
トーク力を磨くには芸人に学べ!苦手でウケない理由や原因と鍛え方 | ☆お笑い大図鑑☆
Warning: Use of undefined constant APP_POST_TYPE - assumed 'APP_POST_TYPE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 1854

Warning: Use of undefined constant APP_POST_TYPE - assumed 'APP_POST_TYPE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 1855

Warning: Use of undefined constant APP_POST_TYPE - assumed 'APP_POST_TYPE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 1861

Warning: Use of undefined constant APP_POST_TYPE - assumed 'APP_POST_TYPE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 1864

Warning: Use of undefined constant APP_POST_TYPE - assumed 'APP_POST_TYPE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 1865

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 440

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/owarai/owaraidaizukan.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

トーク力を磨くには芸人に学べ!苦手でウケない理由や原因と鍛え方

更新日:

最初から面白いトークができずに「苦手」「できない」と諦めてしまいがちですが、決して諦める必要はありません。

あなたのトークがウケない理由や原因をしっかりと分析し、面白いトーク力が身につくように努力していきましょう。

そして、トーク力を磨くには芸人に学ぶのが一番!!

苦手でウケない理由や原因と鍛え方を学んで行きましょう。

あなたがお笑い芸人を職業としてやっていない限り、プレッシャーにかんじることはありませんよ!

Sponsored Links

 

トーク力を磨くには芸人に学べ!

周りの友人などで「話の面白い人」「トークで場の雰囲気を盛り上げる人」がいると思います。

しかしその一方で「話下手な人」「トークが全然面白くない人」もたくさんいますね。(笑)

自分がどちらのタイプかは、相手(聞き手)が判断するものですが、この記事を読んでいるあなたはおそらく、しゃべりに自信がないのかもしれません。

自分の話に苦手意識を抱えたままだと、話すことが億劫になりますし、ウケないと傷ついてしまい、話すのを恐れてしまうようになってしまいます。

お笑い芸人さんでさえメンタルを傷つけてしまうのに、私たちのような普通の人ならなおさらですね。

でも安心してください。(笑)

トーク力を磨くには芸人に学ぶことが一番です。

まずは、トークがウケないのには理由や原因を分析していきましょう!

トークが苦手でウケない理由や原因と鍛え方

 

エピソードトークが受けない理由や原因は様々ですが、大きく分けると「メンタル面」「話しの内容」「話しの構成」「話し方」の大きく4つに分けることができます。

ひとつひとつの課題を克服していけば、どんどん面白いエピソードトークができるようになっていきますよ!

メンタル面

人前で話すことに慣れていないと、緊張のあまり言葉が口から出てきません。

極度に緊張したままその場を取り繕うとすると、かえって逆効果になることも多々あります。

緊張しているときは正直に「緊張していて頭が真っ白になった」と相手に伝えてしまいましょう。

そうすると、まさかのぶっちゃけ発言に笑いが起こることもあり、聞き手は好感を持ってくれます。

また、笑いながら話してしまう人もいますが、笑いながら話すもは聞き手にいい印象を与えません。

確かに、お笑いの技術で「誘い笑い」の手法(話し手自身が笑うことで、聞き手が笑いやすい状況を作ること)がありますが、基本的に面白いこと(ボケる)時は真顔です。

笑いながら話すのは、一種の緊張のごまかしです。相手の反応ばかり気にせず、自分の体験を冷静に伝えることに集中しましょう!

話しの内容

残念ながら話の内容にパンチのない人は多いです。理由や原因は様々ですが、主に4つ挙げれれます。

  • 正直でバカ真面目な内容
    見たまま感じたままをそのまま使えても面白くありません。笑いのネタにするには多少の脚色が必要です。
  • 嘘がバレバレな内容
    リアリティに欠ける内容は嘘がバレバレです。無理な作り話はやめましょう。
  • 抽象的でわかりにくい
    言い回しなどを多用すると、内容が伝わりにくくなります。なるべくストレートに伝えましょう!
  • 笑いのネタとして不適切
    悲しみや怒り、憎悪などのマイナスのイメージなネタは笑いのネタとしては不適切です。

まずは、話しの内容がエピソードトークとして適切かどうかをしっかりと吟味し、その後、構成を考えながら笑いのエッセンスを散りばめていきましょう!

Sponsored Links

話しの構成

面白い話題が見つかっても、話しの構成が良くなければ、そのエピソードが活きることはありません。

事前にしっかりと構成を考えましょう。

  • 言葉足らずで説明不足
    自分が頭の中で思っていることは相手に伝わりません。しっかりと言葉で説明しましょう。
  • 話しが脱線の連続
    自分が相手に何を伝えたいか、意識しながら話すことが重要です。脱線の連続では聞き手は疲れてしまいます。
  • 感情が入っておらず、まとまりがない
    共感や感情移入しない話しには、話し手自身の感情が入っていません。感情を入れてまとまった文章にしましょう。
  • 話しのオチが読めてしまう
    出来れば、相手に話しのオチを読まれてしまう展開は避けたいです。違う切り口で語るなど、相手の注意をかわす技術も必要です。

少し上級レベルの難しい話しのように感じてしまう内容ですが、慣れれば、ほとんど無意識レベルで話しの構成を作ることができます。

話し方

  • 表現方法や話すテンポ
    表現方法や話すテンポ次第で、面白い話しもつまらない話しになってしまいます。慣れの部分も大きいですが、どんどん練習していきましょう。
  • 登場人物の個性を引き出す
    エピソードトークには必ずと言っていいほど、登場人物が存在します。上手く演じることで、よりリアリティが伝わります。
  • 擬似法を活用する
    インパクトのある語感を出すために「ドキドキ」「ガクガク」「ふらふら」など擬似法を活用するといいでしょう。
  • 簡単な用語で説明する
    専門用語を使わず、聞き手が分かり易い簡単な用語で説明するといいでしょう。

さいごに

トーク力は学校や職場など色々な場面で必要不可欠なものです。そして、実際にトーク力を鍛えようと思っても、なかなか学ぶ場所がありません。

そこで、トーク力を磨くには芸人に学べ!ということで説明してきましたが、実際に記事にしてみると、結構難しく感じる方もおられたかと思います。

当サイトでは、そんなトーク力(コミュニケーション能力全般)について、なるべく分かりやすく事例を挙げながら説明していきます。

今回は「苦手でウケない理由や原因」を掘り下げて説明しましたが、次回以降の記事を読んで、どんどんトーク力を鍛えていってくださいね!!

Sponsored Links

Sponsored Links



-お笑いの技術

Copyright© ☆お笑い大図鑑☆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.