ジグザグジギー握力ネタでアメトーク出演!設定1つ押しコントの魅力!

更新日:

アメトークのパクりたい-1GPにも出演し、
得意の1つ押しコントを披露したジグザグジギー。
キングオブコント2013決勝にも進出した実力者です。
彼らのネタはなぜあんなに面白いのでしょうか?

Sponsored Links

 

まずはジグザグジギーのプロフィール紹介!

アイキャッチ画像

 ●宮澤 聡(みやざわさとし)(画像左)
  役割:主にボケ
  生年月日:1984年5月17日
  身長/体重:171cm/66kg
  血液型:A型
  出身地:東京都
  趣味:プロレス観戦/プロレスラーのサイン収集/飲食
  特技:プロレスラーから絶妙なタイミングでサインをもらう

  プロレスラーのサイン入りカードは3000枚もあるそうです!
  また甘いものが苦手で、福神漬けやたくわんも
  甘いものと分類するそう。
  お酒も好きみたいなんですが、芋焼酎は好まないそうです。

 ●池田 勝(いけだまさる)(画像右)
  役割:主にツッコミ
  生年月日:1981年12月11日
  身長/体重:186cm/65kg
  血液型:B型
  出身地:神奈川県
  趣味:映画鑑賞/熟女/団地巡り
  特技:バスケットボール、若干数のモノマネ

  画像を見てもわかるとおり、イケメンで高身長!
  宮澤は、この池田をみて
  「イケメンで華がありそう。こいつと組んだら売れそう」
  と思い、猛烈なアピールの末コンビを結成したそうな。

  残念ながら、2013年の10月に
  一般女性とご結婚
されたそうです。
  女性ファンはショックですね。

1つの設定をひたすらに押して笑いにつなげる!ジグザグジギーの手法

サブタイトル3

彼らのコントは作るものすべて、
「1つの設定を強引にひたすら続ける」というものです。

握力の強い犯人に付き合い続ける、
狼男になりそうでならない友人に付き合い続ける、
ダイイングメッセージを回りくどく書く同僚に付き合い続ける等、
物語が先へ展開せず、停滞したままボケを繰り出し続けます。

お笑いのセオリーでは、
場面は展開していったほうがいい
とされています。
たとえば一般的なファミレスのコントなら、
客の入店→席へ案内→注文を聞く→料理を出す・・・

など場面が展開していきますが、
このジグザグジギーはずっと、
注文を聞くとかの1つの場面でボケ続けるようなもの。

これをしてしまうと、観客も飽きますし、
1つの場面なので観客がボケを先読みしてしまって
ウケづらくなります。

場面を切り替えてボケるテーマをあれこれ変えたほうが
観客の脳内の処理速度に追いつかれずに済む
のです。

Sponsored Links

ジグザグジギーのシンプルに隠された巧妙な仕組み

サブタイトル2

ではなぜ、ジグザグジギーのコントはあんなに面白く、
観る者を飽きさせないのでしょうか。
1つは、「ボケが引き継がれていっている」という事です。

まず普通の芸人がコントをする場合、
1つ1つのボケに関連性をあまりつけません。
それよりもバリエーション豊かに様々なボケを作るでしょう。

最初のボケが「握力強い」なら、
次のボケは「体にダイナマイト巻いてるけど
ライターとかの着火する道具がない」とか、
何か違うものにします。

対してジグザグジギーのボケは、
「握力が強い」ならその握力が強いというボケ1つを
ずっと押し続け、広げて行きます。

最初のボケが「握力強い」なら、
次のボケも「握力強い2」
なのです。

こうすることで、ボケ同士に一貫性と勢いが生まれ、
「ボケ1がボケ2のフリとなり、
またボケ1・2がボケ3のフリとなり・・・」

という状態で、ボケがどんどん面白くなっていくのです。

2つ目が、そのボケの一貫性をツッコむ池田の役割です。
とにかくいろんな角度からツッコみ、
観客に気付きを与え、ボケを際立たせています

ボケの一貫性と関連付け、
そして色んな角度からの池田のツッコミが、
設定1つ押しの欠点を利点に変え、
ジグザグジギーのコントを面白くしているのです。

ジグザグジギーまとめ

様々なお笑い芸人がひしめきあう中で、
集団に埋もれないために作り出した
設定1つ押しコント。

ここまで完成度を高くするのは
相当努力したんじゃないでしょうか。
今後のジグザグジギーのさらなる飛躍を期待しています!

最後までお読みいただきありがとうございます。 

Sponsored Links

Sponsored Links



-キングオブコント, コンビ芸人(男)

Copyright© ☆お笑い大図鑑☆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.