ブラックマヨネーズのトーク番組は最強!M1で見せた小杉と吉田の漫才!

更新日:

今やテレビのバラエティ番組で目にしない日はない、
超売れっ子芸人のブラックマヨネーズ。
2005年のM-1グランプリで見事優勝を果たし、
一躍スターダムへと駆け上がりました。

一見何の変哲もないオーソドックスな漫才でしたが
実は芸人からの評価がとても高いんです!
その秘密に迫りました!

Sponsored Links

 

まずはブラックマヨネーズのプロフィール紹介!

アイキャッチ画像

 ●小杉竜一(こすぎりゅういち)(画像左)
  役割:主にツッコミ
  生年月日:1973年7月5日
  身長/体重:170cm/80kg
  血液型:O型
  出身地:京都府
  趣味、特技:みんなとワイワイする/空手/ラグビー
  最近は太りすぎて腸ヘルニアという病気になり、
  仲間から心配されているそうです・・・。

 ●吉田 敬(よしだたかし)(画像右)
  役割:主にボケ
  生年月日:1973年6月27日
  身長/体重:173cm/63kg
  血液型:A型
  出身地:京都府
  趣味、特技:読書/映画/独り言/パチンコ
  独自の非常に歪んだ考えを持ち、
  トーク中にもその話題を笑いにすることも。
  でも実は非常に紳士的なんだそう。

ブラックマヨネーズが生み出した独自の漫才スタイル!

サブタイトル2

彼らの漫才は、ケンカ漫才です。
まず吉田が話題を振ります。
基本的に悩みの相談で、「朝起きられない」
「どこに旅行に行くべきか」等を持ちかける。

対して小杉が「早く寝たら済む話や」
「アメリカとかどうですか」など、
シンプルな解決策を示します。

しかし吉田は細かい所をいちいち気にしてボケていき、
次第に小杉は投げやりになり、
適当なアドバイスをすると、
さらに吉田が切れて・・・。

といった感じでどんどんヒートアップしていきます。
一見どこにでもある漫才に見えますが、
実は巧妙な仕掛けが隠されているのです。

それは、
途中からどっちがボケかツッコミかわからなくなるんです。

いや、わかるんですけど、
ツッコんでいるようでいて同時にボケてもいる、
みたいなことを2人が行なうので、
短い時間にいっぱいボケることができるんです。

これはM-1で決められたネタ制限時間の4分間を
目いっぱい有効活用できる、
全く新しい手法なのです。

ほとんどの出場者は漫才コント。
「俺がコンビニ定員やるから客やってよ」
というようなネタをやります。
これは笑いの「フリ」というものを最小限で抑える事ができるから。

お客さんも「コンビニって常識ではこうだ」
ってのがわかるし、フリなおす事も短い時間でできる。
でもみんながみんな漫才コントだと、
やはり個性がなくなってしまう。

笑い飯はWボケ、Wツッコミというものを発明して
差別化を図りましたが、
実はブラマヨも発明していたんです。

コロンブスの卵みたいな話で、
わかってしまえばどうってことないんですが、
当時それをやるのは1人もいなかった。

いたかもしれないけど、
あそこまで磨き上げたコンビはブラマヨだけでした。 

Sponsored Links

今やバラエティ番組に欠かせない存在ブラックマヨネーズ!各方面からの絶大な評価!

サブタイトル3

松本人志は、自身のラジオ番組の中で、
「ブラマヨばかり褒めて申し訳ないけど、やっぱ面白い」
「あの漫才スタイルはやろうと思ってできるものではない」

と称賛。

放送作家の高須光聖は
「何度見ても笑える漫才」と絶賛。

そして今や、数々のバラエティ番組に引っ張りだこな彼ら。
漫才の実力がトークでも如何なく発揮されています。

ビートたけしは、
「バラエティでの保険だね。
この2人がいると安心して見ていられる
」と非常に高く評価しています。

そのほか、様々な方面でブラマヨは
絶賛されまくっており、
「次世代のダウンタウン」
とまで言われています。

確かに役者さんとかスポーツ選手とか、
お笑い以外の人と絡んで
あそこまで笑いを引き出せるのは、
すごいなと思います。

ブラックマヨネーズまとめ

今度テレビでブラックマヨネーズを見かけたら、
是非そのトークの上手さに注目してみてください。
また違った角度で楽しめますよ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Links

Sponsored Links



-M-1グランプリ, コンビ芸人(男)

Copyright© ☆お笑い大図鑑☆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.