バンビーノはダンソン以外のネタも面白い!石山、藤田が目指す笑いとは!?

更新日:

2015年、「あったかいんだからあ」
「ラッスンゴレライ」とともに
リズムネタブームに乗り、
その名を全国区に広めたバンビーノ。

「ダンソン」ばかりが注目され、
コンビ名も「ダンソン」と間違われるほど。
しかしその後、キングオブコント決勝にも
再び出場。

ダンソン以外の実力を見せつけました。
 一発屋で終わらない底力を秘めた
彼らは一体どんな人物なんでしょうか?

Sponsored Links

 

まずはバンビーノのプロフィール紹介!

サブタイトル1

 ●藤田祐樹(ふじたゆうき)(画像左)
  生年月日:1985年7月30日
  身長/体重:178cm/68kg
  血液型:A型
  出身地:大阪府
  趣味:料理(特にイタリア料理)
  特技:出張料理(他人の家の冷蔵庫にある
      余った食材で料理を作る)
  元イタリア料理人で、落語家「桂きん枝」の甥
(きん枝の姉の息子)だそうです。
 ●石山大輔(いしやまだいすけ)(画像右)
  生年月日:1984年12月10日
  身長/体重:174cm/73kg
  血液型:A型
  出身地:愛媛県
  趣味:サッカー
  特技:リフティング/服のリメイク/
     ポルトガル語クイズ
  数多くの公演でステップを踏み続けて来たため、
  太もも周りが10cmも大きくなり、
  ジーンズを買い替えたそうです。

ダンソンで一躍有名に!バンビーノのコントに対する自由な発想!

サブタイトル2

彼らはキングオブコント2014で、
この看板ネタである「ダンソン」を披露し、
その発想の斬新さ、真似したくなるキャッチーさが
見事に受け、一躍有名になりました。

狩猟民族が獲物を捕えた瞬間の、神秘的な音楽と、
神からの祝福のような、照明の当て方は
確かに誰も思いつかなかった。

漫才と違いコントは、
お笑いの総合格闘技
と呼ばれ、
照明、音楽、衣装、メイク、小道具等の
舞台装置を全て使い、笑いを生み出すものです。

それだけ自由度が高いため、発想がとても難しい。
バンビーノは見事にその条件を利用し、
誰も発想しなかった新しいコントを作りました。 

Sponsored Links

バンビーノが目指すのは世界に通じる笑い?

サブタイトル3

僕は彼らがキングオブコント2014に出場した時、
紹介VTRの中で、石山が
世界に通じる笑いを作って、
日本だけじゃなくて世界で活躍したい

というような発言をしていた事を覚えています。
石山はサッカーでブラジル留学した経験を持ち、
その中で世界で、海外で活躍したいと
考えるようになった。

言われてみるとネタはリズムネタで、
言語はあまり使わず音や動作などの感覚で
笑わせるスタイル
で作られています。

確かに日本の芸能界はまだまだ先輩芸人が
数多く活躍しており、
入り込めるスペースはあまりないので、
世界に視野を広げるのはいい事かもしれませんね。

「がーまるちょば」とか、「タンバリン芸の人」とか
既に活躍していますし。もしかすると、
バンビーノが海外での新しい笑いの価値観を
作るかもしれませんね!

バンビーノまとめ

ただの一発屋芸人では終わらないバンビーノ。
他のネタも面白いので是非見てみてください!
いつか世界で活躍することを期待しています! 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Sponsored Links

Sponsored Links



-キングオブコント, コンビ芸人(男)

Copyright© ☆お笑い大図鑑☆ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.